大阪・三都市・物語を、みんなで語ろう

                    大阪三都市物語 大阪の面積はそれ程広くない、そして地理的条件からも、淀川と大和川で                     北 部おおさか                     中 部おおさか                     南 部おおさか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪 三都市 物語り 弟二話(北部)

             北部おおさかは、繊維と、スポーツの街。色は青色                                                           電車に乗っても東へ西へ、       古都京都とは和の伝統と文化を結び、着物を着てはんなりと    港町兵庫へは港続き、六甲おろし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪 三都市 物語り 弟二話(中部)

      中部おおさかは、電気と商業の街。スポーツは、さくら色       お城の石垣は魚の鱗のよう        高い建物の展望台の頂は都会の登山       山頂記念にお土産もお忘れなく       テレビとラジオは、電気街で部品を買って組み立ててみよう。          自分好みの電気製品ができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおさか三都市物語り 第二話(南部)

     南部おおさかは、今は昔から鉄砲鍛冶から製鉄業。軽工業の紡績。               スポーツに例えると黄色とオレンジ      だんじりから自転車、海上へと続く道は,世界へとh羽ばたいています。        南部おおさかを、拠点とする国際社会都市へと目標を持って    大阪万博から50年の節目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

239年女王国

   大陸   対馬国   一支国   末蘆国   伊都国   奴 国   不弥国   投馬国   邪馬台国     伊都国が都として存在。            
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

239年女王国・一大率

一と大、上から文字として見てゆくと「天」とも読めます。 「天を率いる」と言った役所の名称にも成りうるのかもしれません。 「率」はあみとさおと言う意味だとすると。 「不弥国」の遠くひろくに、天を飛んでゆく鳥を、「網と竿で捕らえる役所」が、この場所にある。ここが都。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

239年女王国

古来より鳥を例えにすることも多いようです。 その土地を示している事柄を、文字にあてはめて表現しているようです。 このことが表意文字で、書き表わされると解ることもあるのかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金制度が、成り立つか

   中欧銀行   |    財           政             | ______________________________    マクロ経済  | 年金基金  |  公共事業   社会保障             | ( 融資 )   →  (運用)             …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more